にじみにくい!お名前の書き方

通園、通学するようになると必ず個人の持ち物にはお名前記入が必要ですよね。

下着やお洋服の洗濯絵表示にお名前を記入する際ににじんだことありませんか?
せっかくお名前用のペンも買って、気持ちを落ち着けて、ひと筆置いた瞬間じわーっ と・・・、(涙です)
名前がにじみ、心もシュンとなってやる気も失せてしまいます。

そこで、にじみにくいお名前の書き方のワンポイントアドバイスです!

① お名前の洗濯絵表示ネーム(下着だと裏側(肌側)の左脇または裾などに縫いつけてあります)を水で湿らせる。
② 濡れすぎてしまった場合は、ティッシュなどで水分をふき取って下さい。
③ 油性ペン(水性ペンでは、お洗濯で落ちてしまいます)でお名前を記入します。

以前、テレビでこの情報を知り感心していたのですが・・・、急に思い出して実験をしてみました。
しかーし、テレビではここまで。

ペンの種類まで言ってなかったので適当な油性ペンでやったらジワーッ(涙)
そこから手元にある何種類かのペンで実験してみました。

お名前記入画像

乾いている生地と湿らせた生地の比較
黒丸の箇所 → にじみのわかりやすい箇所です。書きはじめとペンを離す時に特ににじみやすくなっています。

pen

油性ペンやお名前ペンの何種類かを試してみましたがこちらが良かったです。
このペンをいつも愛用していますが、こんなに優秀とは素晴らしい~!
ゼブラ ㈱ さんの『 ZEBRA 油性 マッキー極細 』です。
100均のお店にも売っています。
*ちなみに、ZEBRA 油性 マッキーのノック式 はにじみました。

お洗濯ネームやペンもたくさんの種類があり、全て確認したわけではないので
絶対ににじまない、大丈夫! とは、言えませんが・・・、よかったらお試し下さいね。

ページ上部へ戻る